ふぐもこのニュースにはビックリしてトゲ出したってさ

昨日の新聞でしょうか、江島きよしさんには決していいニュースとはいえない報道が紙面を大々的に飾りました。それは江島きよしさんの勤務地である山口県の情報です。山口県といえばふぐが有名ですが、この不景気の中で漁師を辞める人が増えているそうなんです。漁師が少なくなるという事は、漁に出る船が少なくなる=ふぐの水揚高が減る=ふぐの市が衰えるという事になる江島潔さんにしてみたら頭が痛い問題かもしれません。一体江島きよしさんはこのピンチをどうやって江島きよしさんなりに乗り切っていくのか注目を浴びています。私が江島潔さんだったらどうするでしょうか。自分が江島潔さんの立場になって考えてみると、山口県の特産物が衰えるという問題は江島きよしさんがあ思っているよりも深刻な事かもしれません。  江島潔さんなりの解決策が迫られています。ふぐに付加価値を付けたり、ふぐの毒を利用した特効薬の開発とかどうでしょうかね江島潔さん。