家でつくるスティック、サーバー水素水

水素水は、家でも作れるの知ってましたか?
子どもの健康を考えると、やはり水素水を飲ませてあげるといいですよね。
水素には、分子の量が小さいものがあります。
溶け込んでも除所にぬけていきます。
自宅で、水素をしっかり補給したい人には、自分で作るのをお勧めします。
専用の道具を買わないといけないのですが、高い濃度のサーバーかスティックを使えば、家でも作れるんです。
スティック作る場合、水素化マグネシウムを含むスティックを、ペットボトルにいれます。
すると、水に反応して水に溶け込みます。
この方法で、水素スティックを使用すれば自分でも簡単に作れます。
しかし、ちゃんと検査してある商品を使ってください。
気泡が出たからといって、水素が発生しているともかぎりません。
濃度や品質の管理、これをちゃんとこなしてるスティックを使いましょう。
水素自体の飽和濃度は、1,6ppmです。
それ以上になると、水に含まれず逃げてしまいます。
水道水を使うため、1本のスティックで大体6ヶ月~1年使用できるようです。
メーカーによって、耐久性や水素の発生量等が違うため、信頼できるものを選びましょう。
スティックは、1ヶ月に2度程メンテナンスが必要です。
そうしないと、水素自体発生の維持ができなくなる可能性があります。
家族、特に子どものためにお勧めします。